本文へ移動

家づくりの流れ

家づくりの流れ

お客様との打ち合わせ

家づくりに関するご希望やご要望をお聞かせいただき、ご予算に合わせたプランを作成いたします。
同居するご家族、部屋数や各部屋の広さ、ライフスタイルなど、満足いくまで何度でも話し合いを行い、打ち合わせいたします。
 
 

敷地・環境調査

お客様の敷地に出向いて、境界、道路、排水、水道、方位、広さ、段差などの家を建てる為に必要な情報を収集します。地域の市役所、法務局、水道局等も出向いて調査いたします。
 
 

お見積もり

お客様のご要望、敷地・環境調査を基に、お見積もりをご提示いたします。
 
 

ご契約・申請手続き

お見積もりを基にさらに詳細な打ち合わせをさせていただきます。施工プラン、お見積もりにご承認いただきましたら、正式なご契約となります。
 
 

地鎮祭

家を建てる前に、地鎮祭を行います。
 
※地鎮祭は、土地の神(氏神)を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得る儀式です。一般には神を祀って工事の無事を祈る儀式と認識されています。安全祈願祭とも呼ばれます。
 
 

基礎工事

いよいよ着工です。まずは基礎から作っていきます。地盤が弱い場合は、地盤改良を行います。
 
 

上棟式

家の骨組みを組み立てていきます。屋根の棟木が掛かった段階で上棟式をする場合もあります。
 
※上棟式は、棟梁が棟木に幣束を立て、破魔矢を飾り、建物の四方に酒、塩、米をまいて清め、上棟の儀式を行います。 

竣工

マイホームの完成です!
お引き渡しの前に、建築主事による完了検査が行われます。合格すると検査済証が交付されます。
TOPへ戻る